肌に悪い食事ってあるの?

ニキビ

一般的によく言われることとして、

チョコレートを食べ過ぎたらニキビができやすくなる

コーヒーを飲み過ぎたら肌に悪い

と言われていますが実際のところはどうなのか、今回はお伝えできればなと思います。

人それぞれ

人それぞれといって片付けてしまうのはどうかと思いますが、コーヒーを飲んだりチョコレートを食べたりしてもニキビができるかできないかは個人差があります。

自分の体質がどちらかを見極めて量を調整するのが良さそうですね。

そもそもチョコやコーヒーってどうなの?

コーヒーもチョコもどちらもカフェインが強い刺激的なものですが、悪い食べ物というわけではありません。

むしろコーヒーのカフェインにはリラックス作用がありますので、ストレスが軽減されます。

ニキビの原因の一つにストレスがあるので、そういった観点で捉えるというのであれば悪いわけでもなさそうですね。

我慢するというのもストレスになりますし、適度に摂取するのが心身共に健康的になれるかと思います。

コーヒーを飲み過ぎてしまうデメリットとしては、

シミの原因であるメラニンの沈着を促す

カフェイン依存症

など挙げられますので、ほどほどにしたほうがいいかもしれませんね。

一日2〜3杯といったところでしょうか。

カテゴリー: 化粧品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です